手術室で働く看護師への転職について

一般病棟や外来で働く看護師の中にも、手術室への転職を考える看護師も少なくありません。手術室勤務は一般的に大変、責任重大、というイメージがありますがそれでもやはり医療の最前線の現場である事の憧れ、そしてその専門性の高さは魅力であると言えるようです。手術室看護師として働く事で自身のスキルアップを計り将来のキャリアップへと繋げていきたいと考える看護師も多いようです。

このような手術室看護師へ転職をする場合にはまず求人を探す必要があるわけですが、一般病棟の求人に比べてやはりその数自体も少ない傾向にあります。専門性の高い職場でもある為、看護師としての経験を求める病院も少なくありません。このような求人を探すのであれば、専門性の高い求人でも多く揃う看護師専門の転職エージェントを利用する事をおすすめします。非公開求人と呼ばれる専門性の高い仕事や好条件な求人もある為、希望の求人を見つけやすいことがおすすめする理由でもあります。

他の部署への転職の際には分からない事だらけで不安も多いと思いますが、専門のコンサルタントに相談できる事も大きなメリットとなります。手術室で働く事を考えている看護師の方はまずはこのような転職エージェントに登録してみて、求人を探してみる事から始めて見て下さい。最新ランキングではリクルートのナースフルが人気です。

手術室の紹介に強い看護師求人サイトランキング!

ナースフル

ナースフル

圧倒的人気のナースフルはやはり転職業界最大手のリクルートの運営の安心感があります。求人の数の多さもさながらに、手術室などの特殊な求人も多く揃うのがその人気の高さの秘密です。看護師の転職の際にはまずはナースフルを利用するのがおすすめです。

詳細はこちら

ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは求人数が多いだけでなく、非公開求人も多く揃います。好条件な求人を探す看護師にはおすすめの転職エージェントです。サポートも充実していますので手術室への転職を考えている看護師でも安心して利用できます。

詳細はこちら

マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師と言えば何と言っても利用者の満足度の高さがウリです。自分に合った求人を見つける事ができ、手厚いサポートでスムーズな転職をする事が出来ると評判です。初めて手術室への転職を考えている場合でもきっと満足のいく転職をする事が出来ると思います。

詳細はこちら

看護のお仕事

看護のお仕事

サポート力に定評があるのが、「看護のお仕事」です。手術室看護師への転職でも手厚くサポートしてくれますので初めての転職でも安心です。自分にぴったりの求人を探してくれ、今なら転職支援金も貰えるのも嬉しいポイントです。

詳細はこちら

手術室で働く看護師とその他の看護師の違い、手術室看護師を目指すメリット

手術室で働く看護師ととその他の看護師の違いはやはり、専門性の高さであると言えるのではないでしょうか。

手術室看護師は手術を専門としますから、一般病棟などで働く看護師では経験する事の出来ないスキルを身につける事が出来ます。その分責任も大きく、決してミスの許されない緊迫した現場ではありますが、それは大きなやりがいにも繋がる事も魅力の1つであると言えます。

このような手術看護師を目指すメリットは、専門性の高いスキルを身につける事が出来ると言う事です。もちろん手術を行うのは医師なので看護師が医療を行う訳ではありませんが、医療の最前線でその医師が手術をスムーズに行う為の補助作業には高いスキルが求められます。このようなスキルは病棟や外来の現場で見つける事は難しく、手術のげんばだからこそだと言えます。それ故に救急外来と並んで手術室の仕事は、看護師にとって人気の高い憧れの職場でもあると言えるのです。

手術室で働く為には病院によっては移動の希望が通ると事もありますが、そうでない場合は転職する事がその近道だと言えます。看護専門の転職エージェントではこのような手術室看護師に求人なども多く揃い、中には好条件な非公開求人もありますので転職を考えるは是非利用してみる事をおすすめします。

エージェントサイトを利用し手術室看護師を目指す

看護師の転職は求人も多いのですが転職を目指す人も多い為、やはり効率的な転職活動が必要となります。特に手術室看護師への転職を目指す看護師は多く、その求人数に対して希望する看護師の多さからしますときちんと考えた転職活動をする事が大事だと言えます。

看護師の転職の際には、求人誌やハローワークで求人を探すよりも看護師専門の転職エージェントの利用が便利です。登録すると、希望の求人を紹介してくれますし、コンサルタントが転職に関する相談にも乗ってくれたりもします。特に一般の求人誌ですと公開されている求人情報にも限りがあり、希望の求人を見つける事も難しいですし、手術室のような専門性の高い求人は多く公開されていなかったりもします。このような求人でも転職エージェントでは数多く揃いますし、中には非公開求人と呼ばれるエージェントさいとだけの高待遇の求人情報なども見つける事が出来ます。

忙しい看護師の転職の場合中々日中時間が取れず転職活動も思うように進まないケースも多いと思いますが、転職エージェントでは紹介してくれるだけでなく、面接などの日程調整や条件交渉なども代わりに行ってくれるので非常に便利です。看護師の転職の際には転職エージェントにまずは登録して見る事がおすすめです。>>リクルートの看護師転職支援

手術室の看護師の転職のコツ

手術室の看護師の転職のコツとしては、まず、手術室の看護師の仕事内容を把握することから始まります。手術室の看護師は、数ある看護師の仕事の中でも特に緊張感の高い場所ですが、それと共にやりがいもある職場です。大まかに言うと、手術室での看護師の仕事とは、手術をする医療チームのメンバーとして執刀医や助手のサポート作業を行うことが大前提です。

最初に、手術が始まる前には、その手術で用いる器具や機械、コンピュータのセッティングやチェックを行います。手術中は、執刀医や助手に対して手術器具を用いた疾患部への直接援助を行います。その場面に適した手術器具の判断や手術中の滅菌状態の保持も行います。さらに、手術中における患者のケアも必要です。手術前中後の声掛け、手術中の体位交換を行います。手術室全体の流れを把握する役割も手術室の看護師の仕事です。

手術室の看護師の転職のコツとして、手術室看護師の魅力を理解できているかどうか、というものがあります。手術室で働くことについての魅力は、いくつもありますが、まず、手術のスペシャリストになることができる、ということです。数ある看護師仕事の中でも、特に手術というレベルの高い専門性のスペシャリストであるということは、大きな魅力です。さらに、看護師としての素質を高めることができるのも大きな魅力です。手術室での経験は、他の分野の看護業務においても必ず活かされてきますので、将来的なステップアップのベースになるということです。

では、実際に手術室の看護師に転職するためにはどうすればいいのでしょうか?普通に求人を探していても病院に勤務することはできますが、手術室の看護師になれるとは限りません。もちろん、その病院独自の方針も関係してきます。そうなると、手術室の看護師の転職のコツとしては、求人先の病院のより詳しい情報を得るということと、希望する病院への転職をよりスムーズに確実に行えるように何かしらのアクションを起こすということです。

そのために最適なのが、看護師の転職支援サイトに登録する、ということです。看護師の転職支援サイトには、各病院の細かいデータや、今まで転職を成功させてきたデータが豊富に蓄積されています。さらに、現場である病院で勤務している手術室の看護師の声も集められているのです。これらの情報を駆使して、手術室の看護師の転職専門のスタッフが、あなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれるのです。これで手術室の看護師の転職がうまくいかないはずがありません。手術室の看護師の転職のコツは、看護師の転職支援サイトに登録することなのです。

手術室の看護師への適性

どんな仕事にも適正というものがあります。もちろん、看護師にも適正はあります。それが手術室の看護師への適性となると、特殊な職場であるだけに、より適性度は高くなければいけません。手術室の看護師を希望する人も多いですが、手術室の看護師への適性について正しく理解しておきましょう。

手術室で働いている看護師と聞くと、人の生死に関わるとても緊張感のある現場である手術室で、素早く作業をこなしている様子がイメージされます。一つ間違うだけでも患者さんの命が危険に晒されるという一瞬の気の緩みも出せない状況で、看護師自身のスキルや行動力や判断力が必要とされるという大変シビアな職場です。そうなれば、手術室の看護師への適性としては、その緊張感に耐えられる強い精神力を持っていることが必要です。

手術室の看護師は、ただ自分だけが作業をこなしていけばよいというものではありません。手術は必ず執刀医や助手や看護師といった複数のチームで進行していくものです。ということは、対人のコミュニケーション能力も必要になってきます。もちろん、そのコミュニケーション能力も、手術現場という緊張感が最高に高い場所でのやり取りになりますので、普通の職場でのある程度リラックスした状態でのコミュニケーション能力とはレベルが違ってきます。

他には、マネジメント能力も必要ですし、手術が長時間に及ぶことも多いですから、単純に体力も必要です。このように多くの能力が必要とされるのが手術室の看護師ですが、誰もがその適性が完璧であるわけではありませんし、最初から適正レベルが高かったという人ばかりでもありません。手術の現場で学んでいく、成長していくといった要素を持っていることも手術室の看護師への適性と言うことができます。適正が全てではなく、努力次第であるということです。

手術室の看護師への適性というのは、自分だけでは判断しにくいものがあります。そこで、適正を見抜いてくれるスペシャリストを利用するのです。手術室の看護師の転職支援サイトがあります。このサイトに登録することで、手術室の看護師への転職を徹底サポートしてもらえるのです。もちろん適正審査もしてくれますし、能力的に問題があればその部分を指摘してくれ、改善策も打ち出してくれます。もちろん、今までの手術室の看護師の転職に成功したデータも豊富に蓄積されているわけですから、間違いはありませんし、確実な方法でもあるのです。そして、この転職支援サイトには、非公開求人も多数登録されています。非公開求人は条件の良い求人が多いので、非公開求人に応募して、より良い環境への転職を成功させましょう。